保湿で妊娠線予防

妊娠してから5~7か月ほどすると、「妊娠線」と呼ばれる跡がお腹や胸、おしりなどに現れます。この妊娠線は、一度できてしまうと消えにくく、早めの予防が大切です。今回は、私が試した妊娠線の予防法をご紹介します。

妊娠5~6か月頃になると、急にお腹がふっくらしてきます。この時、皮膚の表面の下にある真皮という組織が急速に引っ張られ、肌の潤いが少ない状態になってしまいます。そのため、妊娠線の予防には、「保湿」が最も重要となってきます。お風呂上がりに、お腹を中心にバストや二の腕、太ももなど、全身に妊娠線予防クリームや保湿剤を塗るようにしていました。毎日続けることが大切で、習慣化してしまうと、すぐに慣れました。

また、保湿と並行して、マタニティ用の腹帯も併用していました。この腹帯は、大きくなったお腹も支えてくれるので、負担が少なく、妊娠線の予防にも効果的です。女性の大敵、「冷え」予防にも効果的で、妊娠予防クリームを塗った後につけると、保湿力もアップして一石二鳥です。伸縮性にも優れているので、お腹のふくらみが大きくなってもフィットしやすく、着け心地が良いのも、ずっと続けられた理由のひとつだと思います。

肌の保湿は妊娠初期の頃から続けていたので、妊娠線はほぼできずに、妊娠前のようなきれいな状態を維持することができました。おかげで肌つやも良く、温泉やプールも子たちと屋の占めています。めんどくさいと、いい加減にせず、毎日のケアを続けることが大切です。

産後の妊娠線を消したい人は要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です