妊娠線予防にはとにかく乾燥対策を

妊娠中は日に日に大きくなるお腹にお腹の赤ちゃんの成長を実感できとても幸せな気分になれる毎日だと思います。気になるのは先輩ママたちに聞く妊娠線のことですよね。ママの勲章なんていう人もいるけど、顔のしわと同じようになければないほうがいいに決まってますよね。しかも顔のしわと違ってメイクで隠すこともできませんし。私もおととし出産をしましたが、妊娠初期からのケアのおかげで妊娠線は全くできませんでした。

数ある妊娠線予防のクリームはありますが。私の場合にニベアの青缶のみで乗り切りました。大切なのはとにかく保湿をし続けることです。お腹が大きくなることを実感してくる5ヶ月より前の妊娠初期からとにかく保湿を心がけました。お風呂上がりだけでなく朝着替える前にもしっかり塗って、とにかく乾燥させないようにすることがポイントです。お腹の皮がのびるときに乾燥していることでシワになるので常に保湿をしておくことで妊娠線を防ぐことができます。

また妊娠線はお腹だけではなく人によっては、ふとももの裏なんかにも妊娠線と同じように肉割れができるのでお腹の真ん中から側面~背中のあたりまで、手に残ったクリームで太ももの裏までもしっかり塗って乾燥を防ぐことが大切です。妊娠線予防のクリームには肌を引き締める収斂作用のあるものが多いので、妊娠線がつきやすいお腹の真ん中に妊娠線予防のクリームを併用して使うとより効果があると思います。出産してからも子供と水遊びをするときなどに水着になることもあると思いますので、出しても気にならないお腹や肌にしておけるようにがんばりましょう。

臨月になったら妊娠線がひどい!どうしたらいいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です