正中線でああ良かった

2人目の子供を妊娠中にお腹の産毛がどんどん濃くなってきました。1人目の時もそうだったのですが、その時とは比較にならない程でした。私の着替え中にそれを目敏く見つけた旦那はそれって妊娠線だよね?と聞いてきました。距離があったので産毛とは気付かなかったようです。

そうだよ、と一言答えれば良かったのに思わず産毛が濃くなっちゃって、と答えてしまいました。それを聞いた旦那は僕より濃いねと大爆笑でした。こちらは大ショックです。その後もお腹の産毛は薄くなること無くいよいよ出産というときです。予定帝王切開だったので剃毛中に助産師さんと、毛深くなっちゃって、と話していると。助産師さんから、それって正中線だよねと言われました。目から鱗です。私は妊娠線は知っていましたが正中線は知りませんでした。

手術後しばらくしてから病室の全身の姿見で見ると、確かに薄茶色の線になっているではありませんか。どうみても線なのに何故自分で気付かなかったのか不思議な位です。考えてみるとこれまで自分のお腹を見て毛深さを確認したことはありますが、鏡で見るように距離をとって見ることは無かったので、線に気付かなかったようです。

正中線とわかってホッと一安心です。それまでは1人目に比べてあまりに毛深くなったと思っていたので元に戻るか心配でした。そして驚きの新事実を早速旦那に報告しました。その反応は、ふーん、の一言です。それだけかいっと言いたくなりましたが、一大事なのは私だけだったかと気付き今度は私が笑ってしまいました。

肉割れを消したい!!肉割れを消すクリームのおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です