30代で後悔!やっておけば良かったアイケア

若い時は二重で自信があったはずの目元、30代になりトラブルが続出するようになりました。
日に日に濃くなっていくクマ、目尻の小じわ、それになんだか目全体が小さくなったような気もします。
ケアせず放置するとこんなにも残念な目元になってしまうのね・・・と老化の波を実感。
そこで、もう一度あの頃の目元を取り戻すべく毎日のアイケアを実行。
これが、かなり効果を感じました!

まずは「疲れてる?」といつも言われてしまうクマ。
たっぷり寝れば消えていた若い頃のクマと違い、30代からのクマ解消は毎日コツコツとケアすることが大切です。
絶対的に気をつけなければいけないのは、目元をこすらない事!
特にアイメイクを落とす時にゴシゴシこするのはNGです。
こする事で目元の皮膚はますます薄くなり、色素沈着の原因にもなります。
紫色のクマは薄くなった皮膚の下から透けて見える血管が原因。そして黒っぽいクマは摩擦による色素沈着が大きな原因となっています。
これを気をつけるだけで少しずつクマを薄くすることが出来ます。

それから年齢を感じる目尻の小じわ。
これはしっかりとした保湿で食い止めることが出来ます。
おすすめはセラミドやアスタキサンチンの入ったクリームです。
セラミドの保湿効果でふっくらした目元になり、アスタキサンチンがハリを与えてくれます。
目元にハリが出ることで、気になるまぶたのたるみも予防することが出来るので、20代からケアすると30代以降の目元に差が出ます。

私は30代になりケアを始めましたが、徐々にクマや小じわが改善しています。
すでにトラブルを感じている人はもちろん、これからの老化が不安・・・という人もぜひ、毎日のアイケアに取り入れてみて下さい。

目の周りの色素沈着にはアイクリームがおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です