まさか最後に妊娠線?!

妊娠線と聞いてわかる人は出産を経験したことのあるがほとんどでしょう。私自身、妊娠発覚後マタニティ本を読んでから初めてその単語を目にしました。一体なんぞや?と思い母に聞いたところ・・・まさかの「お母さん三人出産したのに妊娠線出来たことないからイマイチわからないんだよね~笑」と言われ、「え?それじゃあそんなに気にしなくてもいいのかな~」なんて思っていると、出産をすでに経験していた友人からマタニティママ用のケアクリームをもらい、ほかの友人からは「出産の前日までオリーブオイル塗ってたよ!」なんて話も出てきました。

危機感を感じて妊娠線について調べてみると、「妊娠線は、お腹が大きくなりはじめる妊娠5~7ヶ月頃からできやすくなり、お腹やバスト、太もも、お尻、二の腕などにできる。皮膚に最初は赤紫色の細い筋ができ、時間がたつにつれて白っぽくなる。」ということが分かり、そんな話を母にすると、「あーだから産後ビキニが着れなくなるって言うんだね~」と言われ、友人からもらった「ママ&キッズ(ママアンドキッズ)ナチュラルマーククリーム」を使用しました。生まれつき肌が弱く、ファンデーションも付けたら数時間後には痒くて赤くなってしまう私でも使用することが出来た商品でした。

毎晩お風呂上がりには「勿体ない精神」を封印してこれでもか!とたっぷりとお腹周りに塗りたくり、自分の手が届かない部分は母や主人にお願いしてまるでエステ気分で隅々まで塗ってもらいました。(最初はめんどくさいと嫌がっていた主人でしたが、妊娠線の話をして、体中がスイカ模様になってもいいならやってくれなくてもいいけど?と言うと、それは困る!といって臨月間近には私よりも気にして塗ってくれてました。)

私はお腹が大きくなるのが早く、6ヶ月のときには周囲から「もう臨月?」とか「もう生まれるの?」と言われていたくらいだったので下腹部の方をチェックすることが早々にできなくなり、お風呂上がりに主人に毎日妊娠線が出来てないかチェックを陣痛がくる前日まで行ってもらいました。

陣痛がくる前日まで確かになかった妊娠線・・・がしかし、産後お腹のチェックをすると下の方にうっすら少しだけ線が入っていることにお風呂上がりに気づき、母や主人に見てもらうと「あー」と言われてしまいました。

やや難産で陣痛が24時間以上かかった私は最後の一日ケア出来なかったために妊娠線が出来てしまったのです。でも、それまできちんと毎日お手入れしていたおかげで言われなければわからない程度の妊娠線で済んだのだと思います。

実際、出産経験している友人達と妊娠線の話になったときにクリームをケチケチ使ってたら妊娠線が臨月頃から出来てしまった人や、ケアすることを知らずお腹周りがお腹周りが痒くてかいちゃったら今すいかみたいなお腹になってるよ・・・という人もいました。

妊娠中から子どもってお金がかかるのねーと思いましたが、かわいい我が子と産後の自分のために妊娠線のケアクリームはたっぷりと、そして自分に合う物を使用するのがオススメです。

ストレッチマークを消すクリームのおすすめを教えて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です