妊娠線予防にはとにかく乾燥対策を

妊娠中は日に日に大きくなるお腹にお腹の赤ちゃんの成長を実感できとても幸せな気分になれる毎日だと思います。気になるのは先輩ママたちに聞く妊娠線のことですよね。ママの勲章なんていう人もいるけど、顔のしわと同じようになければないほうがいいに決まってますよね。しかも顔のしわと違ってメイクで隠すこともできませんし。私もおととし出産をしましたが、妊娠初期からのケアのおかげで妊娠線は全くできませんでした。

数ある妊娠線予防のクリームはありますが。私の場合にニベアの青缶のみで乗り切りました。大切なのはとにかく保湿をし続けることです。お腹が大きくなることを実感してくる5ヶ月より前の妊娠初期からとにかく保湿を心がけました。お風呂上がりだけでなく朝着替える前にもしっかり塗って、とにかく乾燥させないようにすることがポイントです。お腹の皮がのびるときに乾燥していることでシワになるので常に保湿をしておくことで妊娠線を防ぐことができます。

また妊娠線はお腹だけではなく人によっては、ふとももの裏なんかにも妊娠線と同じように肉割れができるのでお腹の真ん中から側面~背中のあたりまで、手に残ったクリームで太ももの裏までもしっかり塗って乾燥を防ぐことが大切です。妊娠線予防のクリームには肌を引き締める収斂作用のあるものが多いので、妊娠線がつきやすいお腹の真ん中に妊娠線予防のクリームを併用して使うとより効果があると思います。出産してからも子供と水遊びをするときなどに水着になることもあると思いますので、出しても気にならないお腹や肌にしておけるようにがんばりましょう。

臨月になったら妊娠線がひどい!どうしたらいいの?

正中線でああ良かった

2人目の子供を妊娠中にお腹の産毛がどんどん濃くなってきました。1人目の時もそうだったのですが、その時とは比較にならない程でした。私の着替え中にそれを目敏く見つけた旦那はそれって妊娠線だよね?と聞いてきました。距離があったので産毛とは気付かなかったようです。

そうだよ、と一言答えれば良かったのに思わず産毛が濃くなっちゃって、と答えてしまいました。それを聞いた旦那は僕より濃いねと大爆笑でした。こちらは大ショックです。その後もお腹の産毛は薄くなること無くいよいよ出産というときです。予定帝王切開だったので剃毛中に助産師さんと、毛深くなっちゃって、と話していると。助産師さんから、それって正中線だよねと言われました。目から鱗です。私は妊娠線は知っていましたが正中線は知りませんでした。

手術後しばらくしてから病室の全身の姿見で見ると、確かに薄茶色の線になっているではありませんか。どうみても線なのに何故自分で気付かなかったのか不思議な位です。考えてみるとこれまで自分のお腹を見て毛深さを確認したことはありますが、鏡で見るように距離をとって見ることは無かったので、線に気付かなかったようです。

正中線とわかってホッと一安心です。それまでは1人目に比べてあまりに毛深くなったと思っていたので元に戻るか心配でした。そして驚きの新事実を早速旦那に報告しました。その反応は、ふーん、の一言です。それだけかいっと言いたくなりましたが、一大事なのは私だけだったかと気付き今度は私が笑ってしまいました。

肉割れを消したい!!肉割れを消すクリームのおすすめランキング

まさか最後に妊娠線?!

妊娠線と聞いてわかる人は出産を経験したことのあるがほとんどでしょう。私自身、妊娠発覚後マタニティ本を読んでから初めてその単語を目にしました。一体なんぞや?と思い母に聞いたところ・・・まさかの「お母さん三人出産したのに妊娠線出来たことないからイマイチわからないんだよね~笑」と言われ、「え?それじゃあそんなに気にしなくてもいいのかな~」なんて思っていると、出産をすでに経験していた友人からマタニティママ用のケアクリームをもらい、ほかの友人からは「出産の前日までオリーブオイル塗ってたよ!」なんて話も出てきました。

危機感を感じて妊娠線について調べてみると、「妊娠線は、お腹が大きくなりはじめる妊娠5~7ヶ月頃からできやすくなり、お腹やバスト、太もも、お尻、二の腕などにできる。皮膚に最初は赤紫色の細い筋ができ、時間がたつにつれて白っぽくなる。」ということが分かり、そんな話を母にすると、「あーだから産後ビキニが着れなくなるって言うんだね~」と言われ、友人からもらった「ママ&キッズ(ママアンドキッズ)ナチュラルマーククリーム」を使用しました。生まれつき肌が弱く、ファンデーションも付けたら数時間後には痒くて赤くなってしまう私でも使用することが出来た商品でした。

毎晩お風呂上がりには「勿体ない精神」を封印してこれでもか!とたっぷりとお腹周りに塗りたくり、自分の手が届かない部分は母や主人にお願いしてまるでエステ気分で隅々まで塗ってもらいました。(最初はめんどくさいと嫌がっていた主人でしたが、妊娠線の話をして、体中がスイカ模様になってもいいならやってくれなくてもいいけど?と言うと、それは困る!といって臨月間近には私よりも気にして塗ってくれてました。)

私はお腹が大きくなるのが早く、6ヶ月のときには周囲から「もう臨月?」とか「もう生まれるの?」と言われていたくらいだったので下腹部の方をチェックすることが早々にできなくなり、お風呂上がりに主人に毎日妊娠線が出来てないかチェックを陣痛がくる前日まで行ってもらいました。

陣痛がくる前日まで確かになかった妊娠線・・・がしかし、産後お腹のチェックをすると下の方にうっすら少しだけ線が入っていることにお風呂上がりに気づき、母や主人に見てもらうと「あー」と言われてしまいました。

やや難産で陣痛が24時間以上かかった私は最後の一日ケア出来なかったために妊娠線が出来てしまったのです。でも、それまできちんと毎日お手入れしていたおかげで言われなければわからない程度の妊娠線で済んだのだと思います。

実際、出産経験している友人達と妊娠線の話になったときにクリームをケチケチ使ってたら妊娠線が臨月頃から出来てしまった人や、ケアすることを知らずお腹周りがお腹周りが痒くてかいちゃったら今すいかみたいなお腹になってるよ・・・という人もいました。

妊娠中から子どもってお金がかかるのねーと思いましたが、かわいい我が子と産後の自分のために妊娠線のケアクリームはたっぷりと、そして自分に合う物を使用するのがオススメです。

ストレッチマークを消すクリームのおすすめを教えて!

30代で後悔!やっておけば良かったアイケア

若い時は二重で自信があったはずの目元、30代になりトラブルが続出するようになりました。
日に日に濃くなっていくクマ、目尻の小じわ、それになんだか目全体が小さくなったような気もします。
ケアせず放置するとこんなにも残念な目元になってしまうのね・・・と老化の波を実感。
そこで、もう一度あの頃の目元を取り戻すべく毎日のアイケアを実行。
これが、かなり効果を感じました!

まずは「疲れてる?」といつも言われてしまうクマ。
たっぷり寝れば消えていた若い頃のクマと違い、30代からのクマ解消は毎日コツコツとケアすることが大切です。
絶対的に気をつけなければいけないのは、目元をこすらない事!
特にアイメイクを落とす時にゴシゴシこするのはNGです。
こする事で目元の皮膚はますます薄くなり、色素沈着の原因にもなります。
紫色のクマは薄くなった皮膚の下から透けて見える血管が原因。そして黒っぽいクマは摩擦による色素沈着が大きな原因となっています。
これを気をつけるだけで少しずつクマを薄くすることが出来ます。

それから年齢を感じる目尻の小じわ。
これはしっかりとした保湿で食い止めることが出来ます。
おすすめはセラミドやアスタキサンチンの入ったクリームです。
セラミドの保湿効果でふっくらした目元になり、アスタキサンチンがハリを与えてくれます。
目元にハリが出ることで、気になるまぶたのたるみも予防することが出来るので、20代からケアすると30代以降の目元に差が出ます。

私は30代になりケアを始めましたが、徐々にクマや小じわが改善しています。
すでにトラブルを感じている人はもちろん、これからの老化が不安・・・という人もぜひ、毎日のアイケアに取り入れてみて下さい。

目の周りの色素沈着にはアイクリームがおすすめ!