デリケートゾーンの無駄毛チェックを怠ったのですー!

つい先日、健康診断がありました。すでにアラフォーの身としては、もちろん婦人科検診をオプションとして追加しましたのですが…そこでやってしまいました。子宮頸がん検診があったのに、デリケートゾーンの無駄毛チェックを怠ったのですー!気が付いたのは、診察直前。「下着を脱いでくださーい」と言われたときだったので、もうどうすることもできず、ボーボーのまま、あのおまたパッカーンな診察台に乗りました…まぁね、医師は何人ものおまた見てるから気にもしてないんでしょうけど、見も知らない他人にお手入れ不足の箇所をさらしながらの診察は、もう屈辱でしかありませんでしたよ。

もともと私は色が白く無駄毛が目立ちやすかったので、就職して資金ができるとワキ→足→ウデと次々脱毛していきました。しかし、デリケートゾーンの脱毛は未着手。
理由は
・ワキの脱毛でもかなり痛みがあったのに、もっと敏感なデリケートゾーンの脱毛での傷みには耐えられない
・紙パンツをはくらしいけど、結局おまたを他人にさらすことになるから恥ずかしい
・料金はいくらかかるの?
ということでした。

夏になったり、必要に駆られると剃刀でジョリジョリと剃っていたのですが、これはどんどん毛が太くなる(見えるだけ、いう意見もありますが確実に太くなりますよね?)し、剃刀巻けで肌も荒れてしまいます。分かってても上記の理由で長年無法地帯にしていました。

しかし!
健康診断での失態を機についにデリケートゾーンの無駄毛に立ち向かうことを決意!!まずは体験プランをポンパレ、ルクサ、楽天買うクーポンなどで探して(それぞれ2回体験で3,000円前後であります)いざ体験に行きました。

体験した脱毛はこちら↓
IPL脱毛→ちょっとはじかれるような痛み
ハイパースキン脱毛→体温よりちょっと厚いカイロをあてられてるくらいでほぼ痛みなし
という結果から、ハイパースキン脱毛に決定。

どのサロンでも紙パンツは用意してくれてましたが、いわゆるVIO脱毛なので、いざ機械をあてたり、冷却ジェルを塗ったりするときはパンツを左右にずらして、おまたをさらすことになるんですよね。もう、「これは医療行為なんだ」エステサロンのお姉さんを「この人は看護婦」と自分に言い聞かせて、恥ずかしいのを我慢しました。(実際、全身麻酔とかだと尿道カテーテル入れたりするんですもんね。未体験ですが)

現在、徐々に薄くなってはきてますが、体の中で一番剛毛な箇所なので手ごわいですねー。黒だから余計目立ちますし。金髪なら剃ったりせず、太くならなっただろうなぁと思います。

vio脱毛が痛くない!おすすめ脱毛サロンランキング3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です