歯の黄ばみが気になったので購入した物

子どものころから虫歯なく過ごしてきた私。小学生の頃は歯列矯正をしていました。歯医者には何度も通ったことがあり、働き始めて給与を得るようになってからは虫歯が無くても、歯科健診に行くくらい気を付けてきました。

しかしその数年後、健診で葉の裏側の黒さを指摘されました。原因は大好きなコーヒーやココア。着色するんだーとショックでした。歯の裏側が汚れているって、タバコを吸うおじさんみたいじゃないですか。そこでさらにしっかり歯みがき。

しかしまた、歯の表面のクスミを指摘されました。会社のお昼の歯みがきタイムでも、歯磨きしすぎなんじゃないかと言われたことがあり、もしかして歯の表面が歯みがきし過ぎで削れて着色しやすくなっているのかも、と気づきました。

それからは歯ブラシはコンパクトサイズ、歯磨き粉もホワイトニング用に変更。しかしまた数年後、妊娠中に歯の黄ばみに気が付きました。コーヒーも控えているのに、どうして?と思いつつ、通常通り受診して、妊娠中の処方薬のため薬局に行きました。薬剤師さんが「このお薬は歯が黄色くなります」と初めて教えてくれたのです。

そうなの?!それから、歯のケア用品を探しました。歯が黄ばんでる妊婦さんってサイアクです。薬効成分の製品は怖くて試せなかったので、歯の表面をこするタイプの消しゴムのような製品を購入しました。その頃の歯みがきは、力を入れずに小刻みに磨く方法をしていたので歯のエナメル層も落ち着いているはず、と思ったので。そっとこすってみるとみるみる白くなります。

ヨカッタ・・・歯の裏側は100均の歯科ミニミラーを買って、こすってきれいにしました。これで安心。今でも歯の黄ばみには、こするタイプの製品を使っています。

ヤニ取り歯磨き粉のおすすめランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です