歯の消しゴムって使ってだいじょうぶ?

歯を念入りに磨いてもぜんぜん白くなってくれない。明日デートだっていうのに、もう…。歯の黄ばみや黒ずみを速攻で白くしたいという願いをかなえてくれる夢のアイテム。「歯の消しゴム」に興味を持っている人も多いのではないでしょうか?まだ使ったことがないのなら試してみる価値はあるかも!

歯の消しゴムは主にシリコンやスポンジゴムでつくられています。スティック状の形をしており、消しゴムの先端を歯の表面にあててゴシゴシ擦ることで、その摩擦と中に含まれている研磨剤によって汚れを落とすという仕組みです。摩擦によって汚れを落とすので、水がついていると滑って使えなくなってしまいます。あらかじめ歯と歯の消しゴムに水分が付着していないかを確かめたうえで使用してください。

消しゴムの表面が汚れてきて効果が感じられなくなってきた時は、先をハサミで切ったり、表面を少し削ることで、小さくなるまでまた使い続けることができます。便利な歯の消しゴムですが、研磨剤が入っているため磨きすぎは禁物です。磨きすぎてしまうと歯の表面が傷つき、その傷に着色汚れが入り込んで、余計にとれなくなってしまうのです。さらに歯の表面のエナメル質を削り取ってその中の象牙質を露出させてしまう恐れもあり、最悪の場合知覚過敏を引き起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

とはいえ、その注意点さえ守っていれば問題なく使えます。ドラックストアなどで手軽に買えて、汚れが気になった時にササッと使える歯の消しゴムは、一本ぐらいは持っておきたいアイテムです。ポーチの中に忍ばせておくと心強いですよ。  

歯を白くするホワイトニングジェルのおすすめは研磨剤フリーで安全なもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です